<< 日米プログラマーのプログラミング言語別年収ランキングへの雑感 | main | Berkeley-Haas Asia Business Conference 2015 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ビジネス道場「ブラウザ会社のCo-Founderへの道」冨田龍起氏 3月17日
日本を主体に活動していた昨年まで、リセッション後の絶望感、東北大震災後を経て、超高齢化社会の現実など一連の状況から将来への不安となり、マイナス面をどうにかしなくてはという強烈な危機感が自身の行動原理となっていました。自身の会社の業績も一時期ひどく悪化したし、知人の会社は倒産、お金を貸した相手が夜逃げするひどい数年間でした。

しかし、シリコンバレーで活動する人々にインスパイアされ、ワクワク感が回帰してきたことに伴い、1999年〜2005年頃に感じていた、「インターネットはまじですごい!!インターネットは世界を変える!!次は自分だ!!」という感情が、全くなくなっていたことに気づきました。

ゼロリセットで、「世界を変える!!次は自分だ!!」と信じれるようになってきた事は、シリコンバレーに来たことの一番の収穫だったと思います。また、この土地で出会っている人々との交流から、その感情がどんどん増幅してきている事を考えますと、改めてゼロリセットさせて頂くにあたりお世話になった多くの方々への感謝の念が絶えません。


さて、本題に入ります。

本日はOperaブラウザの開発元であるOpera社を卒業し、Vivaldiという新たなブラウザ開発会社を立ち上げた冨田氏の話を聞きにHacker Dojo@mountain viewへ行ってきました。Hacker Dojoは、PinterestやPebbleを輩出したシリコンバレーでも有数のCo-working spaceであり、このあたりでも有名な場所だそうです。

いくつかポイントがあるのですが、最も印象的だったのは、Vivaldi社は基本的にノルウェーおよびアイスランドにベースがあり、シリコンバレーにいるのは冨田氏のみだそうです。今後、事業開発とマーケティングの拠点とするそうですが、ブラウザはワールドワイドに出していくサービスですから、冨田氏がシリコンバレーにとどまる理由に興味がありました。

彼の話によると、Google等のブラウザを開発する上で話をしなくてはならない相手がいる事もさることながら、このシリコンバレーという土地にしか存在しない情報によるものとのことでした。具体的には、世界中から集まる人々の新鮮なアイディアに触れることや、この雰囲気そのもののようです。

一方で、セミナー参加者の方と話をしていると、シリコンバレーの投資額は非常に大きいものの、比率的に多くの企業は自己資金や銀行の借入を主体に事業を進めるため、VCの投資を受けながらやっていくというのは実は比率的に少ないとの事。また、投資を受けるのも実は非常に難しいとのことでした。これは日本にいてはわからない内容ですね。

また、冨田氏や参加者の方々によると、VCの投資を受けたり、IPOを果たすと自分達のやりたいことを基本的にはできなくなるため、非常にフラストレーションがたまるそうです。背景には投資家の強い心理があるそうです。VCはバリュエーションがあがれば早くExitして欲しいという空気になるようですし、IPO後はupperの数値を追い求めなくてはならないから苦しいとのこと。

私としては投資を受けるということは、つまりそういう事なのだと考えておりましたが、Facebookなどはそこをうまくやっているそうです。また、ある参加者によるとIPOする事の価値を改めて考え直さなくてはならない時期に来ているとのことでした。これはエクイティを希薄化させない事によるメリットにも、あらかじめしっかり目を向けるべきという事です。

上記の話をもってシリコンバレーの空気感だ!と言い切るにはあまりにもサンプルが少ない状況ではありますが、こういった意見も合理的に判断して決して間違ったものでない事を考えますと、そのような考えに賛同する方は少なくとも一定以上はいるのだと感じました。

今後、自身が事業を推進していくにあたり考えなくてはならない現実的な課題となりますので、よい時期に価値がある話を伺う事ができ非常にラッキーと感じております。事業企画をする側としては、事業アイディアを考える方に基本的なリソースを投入しますし、事業開発が始まったら始まったで、そこに夢中になってしまいますからね。

さてさて、本日の学びは以上です。
| Diary | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://w1c.jugem.cc/trackback/334
トラックバック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS